ブログトップ

「もろもろのブログ」 by ケービーズオフィス

kbzoffice.exblog.jp

こちらは、だいひょう・岡野が京都を中心に活動する演劇ユニット、ケービーズのブログです。TOPは...www.geocities.jp/kbzweb/

今週金曜いよいよチケット発売!!(3月『珠光の庵』)

月曜日は、「KbZ&もろもろ情報」をお送りしております☆

 ○ ○ ○ ○ ○

ついに、本当に久しぶり~~の、
ケービーズ京都公演のチケット発売です。

いやあ、久しぶりすぎて調べてみました。
ケービーズ本公演は1年10ヵ月ぶり、
京都公演にいたっては、2年と10ヶ月ぶりであります。
そして、初の時代物!
とはいえ、「静かなエンタメ」ユニット・ケービーズですから、
当然、フツーの時代物とはちょっと違います☆
そして今回のチケットは、1日たった27枚の超レアチケットですので、
ぜひともしっかりゲットしてください!!!

【公演情報】
公演名:
劇団衛星+ケービーズ連続競演『珠光の庵』
・・・劇団衛星が数年前から全国での公演を続ける「お茶会演劇」企画。
今回ケービーズは、岡野潤色・演出で、アナザーバージョンを上演!!
京阪の実力派小劇場役者を揃え、満を持してお贈りします♪

あらすじ:
時は室町時代。1460年、将軍足利義政の治世。
幕府の権威はすでに削がれつつあり、
市井は倦怠と不穏の空気に満ちている。
そのまとわりつくような生温い空気は、
我々の現し世のそれにも似ている・・・。
     ◇
商いの才に長け、一財を築いた村田珠光は、
闘茶の名人としても京で名を馳せていた。
しかしその名声とはうらはらに彼の心は晴れない。
そして、こちらも風狂の禅僧として名を馳せる、
一休禅師の坊に身を寄せ、闘茶賭博の代打ちとして過ごす日々。
     ◇
ある夜、享楽と退廃に興ずる老若男女に紛れ、
いわくありげな男が一休禅師の坊を訪れる。

…侘び茶の創始者といわれる村田珠光の、
若き日の苦悩、禅、そして茶の心を、ケービーズ流に描く、
人間ドラマです。。。

ケービーズバージョン『遠の巻』公演詳細
日程:3月14日(金)19:00-/15日(土)18:00-/16日(日)18:00-
    (15日・16日は14-衛星バージョンを上演)
場所:真宗仏光寺派・大善院(京都/阪急烏丸・地下鉄四条駅より徒歩8分)。
入場料:2500円(真の巻・遠の巻セットチケットは4000円)

チケット取扱:フリンジチケット ほか
チケット発売開始:1月25日(金)

劇団衛星特別サイト『珠光の庵』HPもご覧ください。

 ○ ○ ○ ○ ○

岡野も久しぶりの出演で、緊張しております。。。
ぜひチケットご予約の上お越しくださいませ。

ケービーズオフィス
okano,masahiro
[PR]
by kbzoffice | 2008-01-21 00:59 | 1207までの過去ログ