ブログトップ

「もろもろのブログ」 by ケービーズオフィス

kbzoffice.exblog.jp

こちらは、だいひょう・岡野が京都を中心に活動する演劇ユニット、ケービーズのブログです。TOPは...www.geocities.jp/kbzweb/

カテゴリ:「好日日記」( 4 )

どうも。
京都小劇場演劇界の出オチ、ケービーズ・岡野です。
気づけば9月も半ば。9月頭の作品のことを。

● ● ● ● ●

演劇ビギナーズユニット修了公演
monocon「カラフルメリィでオハヨ」

演劇を「難しい」というとき、
そこには色々な意味がある。

演劇という媒体そのものの抱える「難しさ」。
リアルタイムで、直接、複数で、身体によって見せる、
演技・テクニカルワークの物理的限界、…
他にもあるが、演劇で表現することそのものは、「難しい」。

そして、
演劇を初対面の人間でつくることが「難しい」、とか、
初心者が演劇をつくることが「難しい」とか、
アマチュアとして演劇をつくる「難しさ」、
演劇への価値基準の差がある中でつくる「難しさ」、
そして何より戯曲の持つ「難しさ」。

彼らはよくやっていた。
おそらく演劇の「難しさ」に真正面から取り組んでいたと思う。
それだけにおいても、今回の求めるべき目標は達していたのかもしれない。

おそらく、彼らの中に生まれた「結実」も、
きっとそれは各々違うと思う。
あの「難しい」台本の中で、
自分が何を悩んだか、
自分はどうやって山を登ったのか。
逃げたのか
かわしたのか
真正面からいったのか。

何より、それを自らに抱え、それぞれが向き合ってほしいと思う。
より深く、より密に。

彼らの旅立ちに幸多からんことを。

ケービーズ・岡野
by kbzoffice | 2012-09-14 23:44 | 「好日日記」
どーも、
京都小劇場演劇界のカワウソ(絶滅種)、
ケービーズ・岡野がお送りしております「もろもろのブログ」です。

 ● ● ● ● ●

今の仕事に就くようになって、
夏の終わりが鮮明に線が引かれます。
一部の学校では、もう2学期が始まっているようですが、
それはちょっと…と思ったりもします。

ま、いずれにしても、
今日が夏の終わり感が一番強い日です。
森山直太朗が、頭の中でエンドレスで歌っています。
時々井上陽水の「少年時代」も挿入。

ケービーズの創作活動も、転換期に入りそうです。
進化を止めてはいけない。

ケービーズ・岡野
by kbzoffice | 2012-08-31 07:54 | 「好日日記」
どうも。
京都小劇場演劇界の万年留年生、ケービーズ・岡野です。
残暑お見舞い申し上げます、皆さんいかがお過ごしですか?
私は、先月「ipad」欲しい熱に浮かされてたんですが、だいぶ熱は引いてきました。
スマホは元々いらないので、時々ボタン操作ができなくなる(落下させ過ぎ)現ケータイの交替時期を見失っている今日この頃です。

● ● ● ● ●

芝居でも映画でも小説でも、自分の心がスイッチオンで見られる作品と、いつまでもオフのままで見ている作品がある。
オンで見られると、終わった後、すごく元気になって、誰かと話をしたくなる。大体一緒に見た人はウザがるくらい、延々その作品について話す。いつの間にか作品のことを離れても喋り続ける。作品が、ボクに命を分けてくれた瞬間だ。自分もそんな作品を創ろうと、強く思う。
でも、オフのままで見た後は、すごく気持ちが下がる。人の目とか見なくなって、コンビニのオネーチャンがせっかくお気に入りのカワイイ子でも、全く無言で帰ったりする。

芸術作品とは、かくも難しいものか、悩む悩む悩む。ボクの作品が観客の皆さんへの贈り物となるように。

ケービーズ・岡野
by kbzoffice | 2012-08-23 22:06 | 「好日日記」
どうも、ご無沙汰しています。
京都小劇場界の残存兵、
ケービーズだいひょう・岡野がお送りしております『もろもろのブログ』です。

今日、ツイッターを辞めまして、ブログに復帰です。
しばらくやってみたんですが、辞めることにしました、ツイッター。

何でかというと、つぶやいちゃうんですよ、色々。
ブツブツ言う言葉は、良くない。
勢いがない、クヨクヨする、ダメになる。
良くないってわかっているけれど、つぶやいてしまうのだ。
良くないとわかっていたら辞められるなら、
この世の犯罪は半分なくなってます(あと半分は確信犯)。
辞めるためには、断つしかない。
というわけで、ブログに復帰です。

ブログの文章は、少なくとも何回かは推敲する。
そして、大きな声で世に放つ言葉です。
(まあ、世の中全体にはかすかにも聞こえてないでしょうけれど)
言葉は、ブツブツ言っちゃいけない。
大きな声で、はっきりと。
世の中すべてに聞こえることを、
誰に聞かれても構わない言葉だけを、
世界に向けて現わすのだ。

ブツブツとでも、大きなはっきりとした声でも、
その言葉すべてが自分を構成する要素になる。
必要なのは、真に、大きな声。

またブログの方で、よろしく。


ケービーズだいひょう・岡野真大
by kbzoffice | 2012-08-15 12:58 | 「好日日記」