ブログトップ

「もろもろのブログ」 by ケービーズオフィス

kbzoffice.exblog.jp

こちらは、だいひょう・岡野が京都を中心に活動する演劇ユニット、ケービーズのブログです。TOPは...www.geocities.jp/kbzweb/

カテゴリ:0809:スペシャル( 2 )

先月開催の「かわうそくよう」で
皆さんに書いていただいたアンケートなどの感想・劇評をご紹介していきます。
題して『もろもろの感想』、略して、『もろ想』。

第2回は、今回の演劇祭の劇評ブログです。

内容はこちらをご覧ください。

書いてくださっているのは、一観客の皆さんから、今回の直接の参加劇団まで様々。
そのそれぞれが、多様な視点から、丁寧な批評をしてくれています。

自らの作品の、いいところや問題点・課題が、全体像としてあぶりだされてくるようで、
通して読むと(結構な分量ですが)、とても興味深いものです。
とかいいながら、書かれるまではもう冷や汗モノなんですけど。
あんまり心臓には良くありません……(++;

とまれ、
ブロガーの皆さん、本当に貴重なご意見、ありがとうございました。

ちなみに私もそれぞれの作品、劇評書いてますのでご覧ください
→突劇金魚さん
→Mayさん
→特攻舞台Baku-団さん
→ミジンコターボさん

ケービーズ・岡野
[PR]
by kbzoffice | 2008-09-23 09:33 | 0809:スペシャル
お久しぶりです、だいひょうです。
芝居終わりでしばらく勝手にお休み期間でしたが、今日から再開でござる。
9月中は、先月開催の「かわうそくよう」で
皆さんに書いていただいたアンケートなどの感想・劇評をご紹介していきます。
題して『もろもろの感想』、略して、『もろ想』。

第1回は、世界で最も早く「かわうそくよう」の感想・劇評をアップしてくれたと思われる、
私の敬愛する舞台監督・塚本修さんのブログ『舞監@日誌since2005』であります。

内容はこちらをご覧ください。

塚本さんのブログの劇評には、
お客さんの目線をしっかりと意識した的確な批評眼と、
質の高い舞台人だからこそできる具体的な提言と、
それらを文学的に綴ることのできる表現力が同居しています。

しかし、私がこのブログの劇評に好感を持つのは、
その大きな「愛」の存在であります。
愛とは、アイ手(相手)を思いやる心のことです。
批評する相手、ブログをご覧になるであろう相手、
そしてお芝居そのものに対する大いなる「愛」が、
このブログの一文一文には詰まっている気がするのです。

できるだけ公演期間が残っている間にブログ記事を
アップされるというのも、その証左に他なりません。
皆さんも、塚本さんのブログをご覧になって、
興味が出た作品があれば、ぜひそのお芝居、覗いてみてください。
それは塚本さんにとっても、大きな喜びであるはずです。


ケービーズ・岡野
[PR]
by kbzoffice | 2008-09-05 21:29 | 0809:スペシャル